空の驛舎について

 

 2003年、劇作家・中村ケンシを中心に結成。リアルに生きる市井の人々にスポットを当て、「個」を描きながら社会を照射する劇世界を会話劇で構築。生き難い世の中に相対し、絶望せず、人の繋がりを問い直し、「生きていく」ための思想を模索。

 最近では「現代のアジール(避難場所)」を提案。つまり「休もう」というメッセージを発信している。癒しを求め巨木の下に引き寄せられる人々を描いた「かえりみちの木」では、伊丹、名古屋、二都市公演を行い、大きな反響を呼び、上演後、新聞・演劇雑誌に、劇評とインタビュー記事が取り上げられた。

 本公演以外でも短編作品集のカフェ公演、一般参加者を募ってのワークショップ形式の合同稽古なども定期的に開催、新たな表現活動を探っている。



空の驛舎 劇団員

 

中村ケンシ / nakamura_ kenshi

劇作家・演出家。   2003年『てのひらのさかな』で第10回OMS戯曲賞佳作、同年、劇団名と同名作品『空の驛舎』で第3回かながわ戯曲賞最優秀賞、2006年『いちばん露骨な花』で第22回名古屋文化振興賞戯曲の部佳作、受賞。2013年『追伸』で第20回OMS戯曲賞大賞、受賞。猫派。ヘタウマbassist。 中村賢司として活動してきたが、2017年より現在の中村ケンシとしての活動を開始した。  

 


 

津久間泉 / tsukuma_izumi

《経歴》
高校の演劇部→アイホール演劇ファクトリーを経て、音響スタッフを目指すが、
縁あって第4回公演に客演し、そのまま劇団員になる。

《外部出演》
焚火の事務所「硝子の声」
あみゅーず・とらいあんぐる「しゃば・ダバ・だぁリーディング~いつだって○×△は~」
桃園会「少女仮面」
焚火の事務所「幼児たちの後の祭り」
大阪女優の会「かさをささない人」
工藤俊作プロデュース プロジェクトKUTO-10「ストレッチポリマーインターフェース」「骨から星へ」

《特技》
中国語、韓国語、ギター、ウクレレ、お絵かき

《ひとこと》
祝☆THE YELLOW MONKEY復活!!!

 

 



 

石塚博章 / ishizuka_hiroaki

<経歴>
爆劇★団→Blue,Blue.→空の驛舎

<主な外部出演経歴>
Blue,Blue.第3回公演以降全作品
199Q太陽族 「ぼちぼちいこか」
水の会 「そこここで残るK氏」「えちうど」「じゃのめの砂」
四人会 ガンキュウ○クロニクル 「穴と芸術家」 等

<特技>
得技とは、得意な技であり、そんな技は持っておりませぬが、
しいて言えば、災いがないよう、わざとわざわざ、ざわめく心かなと‥
つまり、鬱陶しい自分です‥

<ひとこと>
あぁ、演劇は素晴らしいのです‥
その素晴らしさを、自分だけのものにしとくのは、モッタイないお化けに、呪われてしまう‥
助けてくれぇ‥あぁあぁあぁ‥僕の四畳半に電車が走るぜ!!

 

 



 

河本久和 / kawamoto_hisakazu

 

<経歴>

就職活動中に芝居をしたい事に気づき、養成所に入ったり、劇団に入ったり、養成所をやめたり、劇団が潰れたり、劇団に入り直して初舞台を踏んだり、劇団をやめたり、プロダクションに入ったり、プロダクションをやめたり。

紆余曲折を経て空の驛舎の旗揚げメンバーに。

空の驛舎第1回公演「すばらしいさよなら」からfragment vol.1「スピードに真夜中あげる」までの全作品に出演。

婚約を機に退団し、せっせと仕事をして教室長になるも、家庭不和で離婚。

離婚を機に仕事を辞め、途方に暮れているところを代表に声をかけられて復帰。

第19回公演「一握の砂」以降再び全作品に出演。

 

<主な外部出演経歴>

劇団太陽族「JAPANESE IDIOT」

遊劇体「夜叉ヶ池」

三角フラスコ「NO fear」

 

 



 

岩永力也 / iwanaga_rikiya 

 

<経歴> 

18歳から芝居のワークショップなどに時折参加。 

空の驛舎第23回公演「ムスウノヒモ」を観て、2019年5月より空の驛舎に入団。 

 

<主な外部出演経歴> 

なし 

 

<特技> 

早食い 

 

<ひとこと> 

温かい目で宜しくお願いします。 

 


 

三田村啓示 / mitamura_keiji

 

 

<経歴>

大学の演劇部を卒業後、数年のブランクを経て気が付けば2005年に入団。

第4回公演以降殆どの作品に出演。

C.T.T.大阪事務局員としても活動。

近年は俳優以外の活動も並行して行い、明倫art(京都芸術センター発行)の演劇レビューを3年間担当、また小劇場観劇講座の運営に携わるなど、活動は多岐に渡る。

第18回関西現代演劇俳優賞男優賞受賞。2019年5月より休団中。

 

<主な外部出演経歴>

A級MissingLink「裏山の犬にでも喰われろ!」

桃園会『ダイダラザウルス』

劇団太陽族『それからの遠い国』

遊劇体『戀女房』

ウミ下着『人生を楽しめ!』

虚空旅団・光の領地提携公演『ひなの砦』

伏兵コード『我が行路』

努力クラブ『彼女じゃない人に起こしてもらう』

「みんなの劇場」こどもプログラム『とおのものけやしき』

現代演劇レトロスペクティヴ〈特別企画〉AI・HALL+生田萬『夜の子供2』

など、多数。

 

<特技>

マイナス思考・沈黙

 

<ひとこと>

生まれ変わったら、その辺の石か絶世の美女かノイズミュージシャンになるつもりです。

 

 


 

山本彩 / aya_yamamoto

 

〈経歴〉

高知県出身。1988年生まれ。

2012年空の驛舎入団。

16~18回公演、カフェ公演に出演。

劇作家としては、「acupofcoffee」(短編)、「yodume」(短編)、「蔓延ル緑」を執筆、上演。

高校より演劇を始める。高知大学演劇研究会で4年間活動。2011年、アイホール演劇ラボラトリー参加。伊丹想流私塾17期、同塾マスターコース8期卒塾。

2015年6月より、出産・育児のため休団中。

 

〈劇団外での活動〉

「蔓延ル緑」第3回せんだい短編戯曲賞最終候補

京都市立洛北中学校演劇部「夕焼けハーメルン」(戯曲提供)

U2「gloomy,gloomy」(作・出演)

 

〈特技〉

部屋を散らかすこと。

 

〈ひとこと〉

食べたり寝たりするのと同じように、演劇していきたいです。

 


 

中村京子 / nakamura_ kyoko 

 

<経歴> 

高校より演劇をはじめる。

Blue,Blue.を旗揚げ。

Blue,Blue.の劇団員として、空の驛舎にも第2回公演から参加。

第19回公演から空の驛舎劇団員として参加。 

2019年1月より休団中。 

 

<主な外部出演経歴> 

Blue,Blue.旗揚げ以降全作品 

KAVCチャレンジシアター関連企画 「カラカラ」 

みかんがむ 「イロコイ」「この夜の果て」 

演劇集団よろずや 「青眉のひと」 等  

 

 


空の驛舎では劇団員を随時募集しております。

舞台を観て入りたいと思った方、どんな劇団か知りたいと思った方はご連絡ください。

空の驛舎は舞台経験は一切問いません。稽古の見学もできます